セネガル&スペイン旅行 セネガル出入国編

ようやく日本を離れてセネガル出入国編。事前にネットで調べても日本語の情報はほとんどなくて、どきどきしながらの入国だった。

マドリードからダカール

機内食で感じるセネガル(アフリカ)へ向かってる感

マドリードを18時に発つ。平日の便だったからか、人は少なめで横3列の席も自分だけで広々と使える。直前に乗ったバルセロナからマドリードへの便と同じタイプの飛行機で、その便は3列埋まってキツキツだったのでほっとする。乗客にアジアな人は自分だけで、アフリカ系の人やバカンスに行くんだろうなあというヨーロッパな人中心でした。

f:id:k_long:20170521021105j:plain

機内食はミートボール、サラダ、ケーキ(なんのケーキだったか忘れた...)。「ポークは使っていませんよ」と書かれたカードが添えられて出される。カードを見てアフリカに向かっているんだなあと実感。日本発の便と比べてコーヒーがおいしい。

ダカールに到着!空港をでるまでが長い

定刻でダカールに到着。ボーディングブリッジがないのでバスで飛行場から空港まで移動する。「おおお、アフリカ来たぞ!!!」とテンションややあがる笑。

入国審査の窓口は5個くらいあってフル稼働、それでも時間がかかる。並んで30分くらいで自分の番。

「Address?」

と聞かれたので、メモしておいた宿の住所を見せてここに行くんだとアピール。怪訝な顔されたけど、まあいいだろうと入国スタンプをガシャンと押してもらえる。

f:id:k_long:20170528234059j:plain

青い長方形がセネガルの入国スタンプ。主張が激しい。既に押してあろうと気にせず重ねて押していくスタイル(特に右側の出国スタンプ・・笑)。

入国手続を終えたら荷物受け取りレーンへ。入る前にパスポートと預り証のチェックが入る。出国のときも思ったのだけど、セネガルの空港はIDチェックがとにかく多かった。

スーツケースを回収したらようやく外・・!と思いきや、空港を出る前にX線の手荷物検査。これ、スーツケースだけ乗せて手荷物はスルーだったり、手荷物もX線通すように促されたりでどっちやねんってなった。

友人と無事合流

空港を出るとコンサートの花道のごとく一本道がまっすぐ続く。両サイドは金網で柵がしてあり、そこに現地の人がずらっと並んでいて不安が増す...笑。

花道が終わってうわー見つけられるんやろかーとあたりを見回していると、「Kくん!」と聞き慣れた声!無事合流できて一安心。。(タクシーの交渉をめっちゃしてもらい)そのまま宿へ向かって一日目終了の巻でした。

ダカールからマドリード

どきどきや不安いっぱいだった入国が嘘のように、出国は寂しさが募る...笑。セネガル楽しかったなあ〜と思いながら、ここからまたひとりなので気を抜かぬように!と引き締めての出国。入国以上に出国は探しても情報がなかったので、いつかセネガルへ向かう誰かの参考になればいいなあ。

IDチェックが多い

至る所でパスポートのチェックをされる。

  • 空港の入場時(入ったらX線の荷物チェック)
  • チェックインカウンターに並ぶとき(どこへ向かうかも聞かれる)
  • チェックインカウンターを出るとき(チケットを一緒に見せる)
  • 出国審査
  • 搭乗ゲート(人によっては手荷物検査にまわされる)
  • 搭乗ゲートを抜けて飛行機に向かうバスに乗車するとき
  • マドリード到着後のボーディングブリッジを抜けたとき

提示するパスポートの国によってかかる時間はまちまちで、自分はすっと通される。日本のパスポートの頼もしさよ。。反面、やはりアフリカ諸国の人は念入りにチェックされていた印象。

水が1,000CFA

日本でも空港価格ってあるけど、ダカールも同じ。お土産品はどれも高く、水にしても500mlで1,000CFA。。。「ミルセーファ!?」と聞き返したら、こいつフランス語わかってねえなと思われたのか「サウザンド!」と返される。いや、わかってんねんって、、、水がないと辛いので最後の1,000CFAをここで使う(ユーロも使えるので、空港用に現地マネーをキープするくらいならユーロでいいと思う)。宿から空港へ向かうタクシー代をMくんが1,500CFAで交渉してくれたのでギリセーフだった。ほんと感謝。。

夜食な時間に機内食

f:id:k_long:20170521021407j:plain

サーモンのパスタ、サラダ、プラムのケーキ。パスタはぶよぶよで味がほとんどしない、、おいしくなかった。。トマトソースがパスタに水分吸われすぎやで。塩をかけてごまかしながら食べる。パンに塗るクリームチーズがついていてうれしかった(大好き)。クリームチーズ付きはこのフライトだけだった。